取り組み
SDGsへの取り組み

こおげ建設株式会社では
SDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでいます。

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは
「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標の)」の略称です。2015年9月、「国連持続可能な開発サミット」がニューヨーク国連本部にて開かれ、国連加盟国によって採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。 貧困に終止符を打ち、地球を保護し、全ての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指し、17の目標と169のターゲットで構成されています。 地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。 こおげ建設株式会社は、国連が提唱する「持続可能な開発目標」に賛同し、持続可能な社会の実現に向けて事業を展開していくことが重要だと考えます。現在も、事業特性を踏まえ、SDGsの目標の中から取り組むべき課題を抽出し、それらの解決に向けたサービス展開をしています。
引き続きこれら課題の解決に向けた事業を積極的に推進していきます。

すべての人に健康と福祉を

環境性能に優れた住宅・建築物は人々の健康維持を増進する

  • 高齢化対策 (2025年には5人に1人が75歳以上の後期高齢者)
  • 健康寿命の延伸 (医療・福祉予算の軽減、老老介護の軽減)
  • 高齢化社会への対策(健康な後期高齢者は、本人と家族・そして地域の為)
  • 収入増加、少子化改善、消費の促進といった副次効果が見込まれる

エネルギーをみんなに そしてクリーンに

省エネルギーは小さな積み重ね

  • ZEH住宅、LCCM住宅、省エネ住宅の普及は消費エネルギー削減に
  • 県産材の利用で運搬距離を少なく、且つ県内の雇用を産む
  • 省エネ住宅でランニングコストの安定化
  • 地域の気候風土を理解し利用する自然エネルギー
  • エネルギーを効率よく使い共有する

つくる責任 つかう責任

建築物の長寿命化は有限な資源の浪費抑制、効率的な利用を促す

  • 住宅着工数の半分強を占める工務店が合法木材を利用する
  • 過剰、異常伐採を防ぎ、持続可能な森林保持につながる
  • 長期優良住宅、LCCM住宅の普及につながる

パートナーシップで目標を達成しよう

SDGsやパリ協定等の達成に向けた取組は関係者の連携を強化する

  • Goal3、7等の省エネ関連のノウハウを共有し、企業としてSDGs達成に貢献する
  • SDGs達成に貢献する事で、地域に必要とされる企業になる
  • 地域に必要とされる企業=働きがいのある企業になる
  • 雇用の創出、職人の創出にもつながる

地域への参画・発展への取り組み

当社は、事業活動を通して地域やコミュニティへ積極的に参画・参加し、
持続可能な社会の発展に貢献することに取り組みます

  • 地域や社会奉仕の活動に積極的に参画していきます
  • インターンシップ制度に対応し、学生の就業体験と機会を提供していきます

働き方改革の取り組み

働き方改革の早期実現に向けて様々な取り組みを行っています

  • 4週8休の導入、有給休暇取得促進、残業削減に取り組んでいます
  • 社内アルコール消毒液、災害用備蓄品(BCP導入済み)の常備
  • 新入社員の社内研修は勿論、幹部候補社員へ向けた外部での研修なども行っています
  • 受験費用・受験対策講習費用の会社負担、国家資格取得には資格手当を支給
    社員教育を積極的に行うことで、社員の成長を支援しています
  • 年に一回の健康診断(または人間ドック)とインフルエンザ予防接種の支援をし、社員とその家族の健康が守られる支援をしています
こおげ建設株式会社
お問い合わせ
個人情報保護方針